--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師匠の靴が思い出せない

2010年04月19日 11:55

80年代の初頭、まだ大学生だったころの話。

ある日、一本の電話がかかってきた。バンドをやっていた俺がいつもお世話になっている音響屋からだった。
「演芸会のPAのバイトがあるけど手伝ってくれないか?」
その頃、ライブのPAは興味もあってよく手伝っていたが演芸の音響なんてマイク一本立てただけで、これといってオペレーションの技術的な面白みもないし。(じつは漫才や落語などの喋りのPAはごまかしが利かないので経験と知識が必要)、だいいち素人演芸会なんて退屈なだけで「なんだかなぁ~」って思ったが、とりあえずどのような内容なのか尋ねてみた。

「ああ、落語、桂枝雀の独演会だよ」
「えっ!やっ、やります、やります! お願いします!!」

てっきり地元の素人演芸会だろうから何か理由をつけて断ろうかと思っていたが、その一言でバイトの条件も訊かずに引き受けた。というよりタダ働きでも引き受けていただろう。

ニ代目 桂枝雀。 

桂米朝をして「二度と現れることのない天才」と言わしめた。俺の大好きな落語家。

幼少のころから「てなもんや三度笠」「吉本新喜劇」で育った俺はかなりのお笑い好き。それも上方漫才・落語が大好きだ。小学校時代は当時いわゆる“半ドン”授業が終わると(放映開始時間に間に合うため)ダッシュで家に帰って新喜劇を観ていた。俺の中ではビートルズやストーンズと同じくらい花紀京や岡八郎はヒーローであり、怒鳴り散らかす前のキレイな山田スミ子は憧れだった。

そんな俺が桂枝雀師匠を知ったのは高校時代にたまたま観ていたTV寄席だった。彼の落語は衝撃を持って俺の中に飛び込んできた。そして腹を抱えて笑った。それまで好きだった米朝や仁鶴らとはまったく笑いのギミックが異なっていた。江戸落語もそうだがストーリーテラー的表現の中に笑いのテクニックを詰め込むのが一般的と思っていた俺にとって枝雀師匠の落語はまるで一大スペクタクルであった。が、一方で何故だかほっこりした気分にもなる不思議な落語だった。以来、桂枝雀の大ファンになり多くのネタをで聴きあさっていった。


というわけでいよいよ当日、大好きな桂枝雀師匠の独演会が催される会場にやってきた。この日の音響はオペさんと俺の二人だけであった。さっそく機材の搬入から始めた。落語のPAとは云え500人規模の会場だったので機材の量もそれなりだ。オペさんが卓まわりを作り、俺はフロアSPとステージ周辺それにケーブルの引き回しの作業を始めた。

仕込み中にオペさんが俺に言った。「おい、俺たちは仕事で来てんだから客と一緒に笑ってんじゃねーぞ!何かトラブルがあったらすぐに動けるように俺の横に貼りついてろ、いいな!」と。どうやら俺が大の枝雀好きということを誰かに聞いたらしい。

一応「わかりました」とは返事をしたものの内心は『始まってしまえばこっちのもんだよ』と大きな期待をしていた。
そんなやり取りをやっていたころホールの関係者が枝雀師匠がホール入りされたことを伝えた。サウンドチェックや出囃子の打ち合わせなどをやらなければならないのでセッティングを急ぐ。てか、俺はその時『憧れの枝雀師匠に会える』という気持ちで一気に舞い上がっていたが、オペさんにそのことを悟られないように俯いてケーブルを引き回していた。

暫くして

「お疲れ様です」と、ケーブルを敷く俺の後で声がした。誰かな?と思って振り返ると、なんとそこには枝雀師匠が立っていた。しかもアルバイトの分際である俺に向かって深々と一礼をして「今日はよろしくお願いします」と、あの笑顔で云われたのだ。

あまりに突然のことであったのと、すぐ目の前に憧れの人がいて、しかもその人が俺自身に向かって話しかけているという事実が一瞬飲み込めなかった。緊張とは明らかに違う極度の興奮状態だったのかも知れない。その時、師匠の挨拶に俺がどう応えたのか、その後師匠がどのくらいその場にいたのか、どうやって楽屋まで戻っていったのか、まったく思い出せないのだけど、不思議なことに師匠が着ていた服は鮮明に覚えている。

淡いピンクのボタンダウンシャツに白いアーガイルチェックのカーディガン、ネクタイはなし。ボトムはベージュのチノパンというスタイルだった。そのアイビーファッションが神戸大学(中退)に入るほどインテリだった師匠にとても似合ってた。

これだけ服については覚えているのに、なぜかその時師匠が履いていた靴だけが思い出せない。何度も思い出そうとしてもまったく出てこない。考えられるのはやっぱりローファーだろうか?いやデッキシューズだったかも知れない。ひょっとして一旦楽屋に寄って来たとしたらスリッパ履きだったということもあり得るかな。

たぶんもう思い出すことはないだろう。


その日、桂枝雀独演会は大入りだった。

オペさんに「仕事中は笑うな」と言われたが、一番笑ってたのはオペさんだった。



この日、俺が観たのは落語史上初のカーテンコールが巻き起こった伝説の「東京歌舞伎座初独演会」を行った頃の桂枝雀師匠で、それは噺家として最も油の乗った時期だった。


そんな桂枝雀という天才落語家が突然この世を去ったのは、今から11年前の今日4月19日だった。





【宿替え】 桂枝雀

その日、トリの演目がこの「宿替え」だった。ネタとしてはスタンダードで江戸・上方ともに取り上げられているが、枝雀師匠は独自の世界観でアレンジしており他の噺家の「宿替え」とはの一線を画すほど枝雀ワールドが息づいている。ファンの中でも人気も高い演目。

ちょっと長いけど・・・

平成5年『NHK上方落語の会』であるこの動画、実はファンの中ではかなり有名である。というのもこの演目を演じていてストーリー前半の重要な部分をうっかり飛ばしてしまい物語が展開できなくなった。困った枝雀がどこをどう間違ったのかアドリブで演じながら解説を入れるのだが、これが絶妙で話を崩すことなく逆にそれが客の爆笑を誘い今では枝雀のベストパフォーマンスのひとつになっている。






日本の中心で服を語る

2010年04月17日 03:00

さてブログを再開しよう。

半月ほどのツアー後は年度末だったこともあり、やはりしわ寄せもありの、アレルギー性鼻炎による体調不良もありの、毎晩飲んだくれありの…というわけでブログへのモチベーションも下がり気味だった。

やっぱり俺は春は嫌いだ。特に今年の気温の差はなんなんだ。せっかくクリーニングに出したクレセントダウンワークスのベストをまた引っ張り出して着なければならなくなったじゃないか!エルニーニョ現象?そんなことよりミランと今年で契約が切れるロナウジーニョの去就が気になるんだよ。ぜひアビスパに来て下さいw


ということで、みなさんオマンたせしました。

で、久しぶりのブログということで何から書こうかと思ったのだが、どうしてもこれだけは書いておきたかったのでちょっと古い話で恐縮するのだけれども書かせて頂く。


時間を先月の13日に戻す。

俺は関西でのツアーに入る前、プライベートな用事があり13日~14日にかけて東京まで足を伸ばした。
実は常々思っていたのだが、もし上京する機会があれば是非とも会いたい人物がいた。

その人物とは、俺のブログに開設当初からコメントを頂いている東京在住の“いいちこ氏”である。
まるで拙い俺の記事に解説のごとくコメントを入れてフォローして頂いている。
俺の読者の方なら氏のコメントを通して、よりファッションの楽しさが分かって頂けるのではないだろうか。


このブログを10倍楽しむには是非いいちこ氏のコメントを読んで頂きたい。

そんないいちこ氏を知ったのは俺が何気に検索をかけて偶然ヒットしたのがここにもリンクしてある『セックス、いいちこ、ロックンロール』といういいちこ氏のブログだったのだ。

その時「シューレース(靴紐)の結び方」について検索をかけたと思うが、偶然にも氏のブログを読み、世の中にはあまりにも靴紐の結び方に気を使ってない人が多いという内容に『おぉ、ここにも俺と同じような感性を持った人がいた』と嬉しくなりその他のエントリーも一気に読破していった。そして読みながら思ったのが『この人は俺か!』と思うほどファッションや音楽、さらに世の中に対する怒りにさえ共感する部分が多かったのだ。

それから暫くして氏がニューバランスの記事を書いたところでニューバランスフェチの俺がコメント入れたところから始まり、その後俺がブログを始めて現在まで1年以上(もっとかな?)ディスプレイ上でお付き合いさせて頂いている。

60年代ベトナム反戦運動のさなか「LOVE&PEACE」と合わせて当時のヒッピームーブメントを代表する言葉である「SEX,DRUGS,and ROCK'N'ROLL」をパロッて付けられた氏のブログタイトルを見て同年代の人かな?と思っていたのだが、なんと俺よりひと回り以上も年下であったのには驚かされた。

なによりいいちこ氏のブログはファッションや音楽について情報量の豊富さや切り口が斬新で、特に若者のカルチャーについてはさすがに大学院で研究されていただけあって、そこらへんで売っている関係書籍よりよっぽどアカデミックかつ面白い読物となっている。今までファッションを文化とリンクさせて考えたこともなかった俺にとってはバイブル的な存在である。


そんないいちこ氏、年下でありながらも俺は彼のことを「ファッションの心の師匠」と思うようになっていた。であるから機会があれば是非ともお会いしてみたいという俺の気持ちはみなさんにもよくわかって頂けたであろう。


そして今回・・・


仕事の関係で上京の段取りがつかずホテルなどの予約を済ませたのが上京する2日前だった。とりあえずいいちこ氏にメールを打ち上京の旨をお伝えしたが急なことなので会えるかどうかもわからないし、俺の方も時間にさほど余裕がなかったので会えないのもやむなしかとも思っていたのだ。

ところが、こんな俺の急な誘いにもかかわらず、わざわざ休日の貴重な時間を割いていいちこ氏から会いに来て頂けるとの連絡が入った。俺は東京駅から程近い日本橋にホテルを取っていたので高島屋の正面入り口で待ち合わせすることにした。

どちらも初対面の場合、普通ならお互いの服装とか持ち物の特徴などを詳しく伝えて会ったりするものだが、今回は俺から「いなせな格好で待ってますw」とひと言伝えただけだった。それでいいちこ氏は100%俺がどんな格好なのか分かってもらえている。もっとも高島屋の玄関に俺のような怪しいルックスで佇んでいればすぐ分かってしまうだろうがw

この辺りはいいちこ氏のブログにも書かれているのでそちらも読んで頂ければ初対面時の雰囲気が伝わるかも知れない。それによると俺は「怖い人」だったようであるw

では、俺の初対面の感想はと言えば・・・

実は俺もいいちこ氏が怖い人だったらどうしようと若干心配はしてたんだが、それはあっさり裏切られた。
ひとことで言えば「好青年」である。よく氏のブログで自身のことを自虐的に書かれていることがあるが、まったくそんなことはなく俺から見ればどこをどう見ても「東京のお洒落な人」であり若々しいのだ。

もし、いいちこ氏のブログの読者の方で氏のことをどんな人なんだろうかと思ってる人・・・彼はイケメンです。


お互い時間もあまりなく初対面の挨拶もそこそこに近くのカフェに移動する。本当は酒でも飲みたいところだったんだが。(ま、それは次回に持ち越しということでお互いに了承w)

で、なかなかオーダー取りに来ない店員を気にしつつ話し始めるのだが、「会ったら服についてアレもコレも話してみたい」と思っていた俺だったが、そんな気持ちが強いほど人って取り留めのない話になってしまうもんだな。もっともいいちこ氏とファッション談議をやろうと思ったら少なくとも一晩は必要になってしまうので、逆にこういう初対面で時間もない場合は取り留めのない話でよかったのかも知れない。

いいちこさん、お忙しい中せっかくお会い頂いたのに気のきいた話ができずに申し訳なかったです。

まぁ、一時間なんてあっという間に過ぎていくわけだけれども、これまでお互いのブログを通じてやり取りがあったせいか、初対面でもルックス的なインパクトを除けば、そこにいるのは俺の知ってるいいちこ氏であり、お互いの世界観や好みもある程度分かり合っているので時空を超えた会話も成り立っている不思議さもあった。

そうなんだよな。不思議なんだ。
ちょっと前まではまったく見ず知らずの者同士が日本の真ん中で地域も世代も超えて出会うという不思議。
いいちこ氏のブログをたまたま見たことから始まった。本当に偶然。
そんな不思議な感覚を持ってその日は別れた。

今回は一時間ちょっとという短い時間であったけれど、いいちこ氏がこれからも長く付き合っていける“友人”であることを確認するには十分であった。

そしてこの場を借りて改めてその新しい“友人”にお礼を言いたい。

その節はお忙しい中お時間を頂きありがとうございました。

次回は飲みますぞw


Ian Dury and the Blockheads - Sex & Drugs & Rock & Roll
ひょっとして、いいちこ氏はこちらからブログタイトルを考えたのかな?


イアンもバックの“でくのぼう”達もホントに逝っちゃってる感じやな。改めて聴くとカッコいいや。やっぱこういうファンキーなグルーヴは勃起するぜwイアン・ドューリーも10年前くらい?に死んじゃったな。合掌。


More Than a Feeling

2010年04月01日 02:18

新年度 明けましておめでとうございます。

今年度もよろしくお願い致します。

折角の“エイプリルフール”なので、何か大ウソのひとつでもついてやろうかと
企画はしてたがこのアクセス数なのでやっても意味がないなと諦めたw

っていうか、みなさんご無沙汰しております。

先月の25日には自宅に戻ってたんだけど2日ほど社会復帰に時間がかかり、さらに年度末のバタバタを適当にやっつけ、「さぁ、ブログの更新を!」と思った矢先、今度は折からの花粉飛散量増大によりアレルギー性鼻炎が近年にはなく悪化し、この数日メシも食えないほど寝込んでしまって、当初3月中にブログを更新しようという意気込みも瞬殺されてしまったわけです。


ということで、みなさんお元気でしたか?


まぁ、思い起こせば3月13日にここ福岡を発って、東京⇒名古屋⇒奈良⇒大阪⇒福岡(一時帰宅)⇒大阪⇒福岡と、一時帰宅の移動も含めて10日間(通算13日)という俺にしては最近になく長い旅だった。旅を分割すると序盤が全くのプライベート、中盤がリハーサルを含めた打ち合わせと公演1ヶ所、終盤が公演2ヶ所という内容だった。ただ、中盤の公演が諸事情で俺の出番がなくなったので今回の旅では終盤の2ヶ所ということになった。

まぁ、今回の旅をひとことで総括するなら「飲んだ」ということであろうw

いやぁ、飲んだ。特にバンドのメンバーと合流してからは飲んだ。多分時間的には俺が演奏する時間の20倍は飲んだな。

そんな旅の話を時系列にブログに綴っていっても、よくありがちなクソ面白くもない「チラシのウラ的ブログ」になってしまうので改めて書くことはしないが、今回の旅において幾つかポイントがあり、その辺りをこのブログの趣旨にあった形で紹介していきたいと思っている。

とは言っても旅の話とは別にファッションや音楽についても新たなネタができていて、こちらも早く喋りたいなと思ってたりもするので旅については分割したエントリーになるかも知れない。

てか、そんなことは俺以外にはどうでもいいことか・・・、まぁいいや。

とりあえず、そんなところでまたボチボチとブログを更新していくつもりなので、

みなさん、よろしくメカドック!


あ、今日のタイトルは本文とはあまり関係ない。体調が戻ったので久しぶりにギターを弾いてたら、なぜかBOSTONのこの曲をコピーしたくなって最後は意地になってコピーし終えたので記念につけたタイトルだw今さらだがBOSTONっていい曲が多いな。これが70年代半ばに発表されたんだからな。しかもほとんどトム・ショルツのセルフプロデュース。『ノー・シンセサイザー、ノー・コンピューター』というジャケットのクレジットがマサチューセッツ工科大学出の技術屋トムらしいよな。BOSTONについては改めて書こうっと。


そういえば、初代ボーカルのブラッド・デルプも亡くなっちゃったんだね。自殺か・・・悲しいな。


Journey is on!

2010年03月19日 23:03

                        journey

今、一時帰宅している。

なんせ自営業なもんで一週間も家を空けると気になるのが郵便物。急な用件は事前に携帯へもらうように段取りしてたから問題ないのだが、たまに思いもよらぬ郵便物や宅配便が届いたりするから気にはなっていた。中でも請求書の類というのがやっかいで固定経費も含めて支払いが分かっている分はいいが、たまに忘れたころに身も凍るような請求書が届いたりするので月中の今頃に確認しておかないといけない。

さらにもうひとつの用事が「確定申告」。
これって一般的には3月15日までだが自営を始めた最初の年度こそ3月の頭には終わらせる優等生ぶりを発揮したが、以降年を追うごとにズルズルと遅れてしまっている!と自信を持って言わせて頂こう。まぁ、それでも毎年(俺のガイドラインとして)ゴールデン・ウィークごろまでにはちゃんと終わらせている。ちなみに俺の同業者の多くもそんなもんだ。中には梅雨明けごろのヤツもいるがw

つかね、税務署もてめぇの都合だけで物事考えてんじゃねぇっつーの!こっちだって別に税金払わんとは言ってないんだから。忙しいんだよ年度末は何かと。しかもアレルギー性鼻炎の真っ只中では集中することすら難しい。それにだいいち俺たちの払った税金で税務署をはじめ多くの公務員が食っていけてるわけで感謝こそされても強制されるようなやり方は頂けない。

ま、そういうわけだが今年は4月以降も何かと忙しくなりそう(すでにスケジュールも入ってる)なので、今回は4月の前半までには申告を終わらせないと自分の首を絞めることになりかねない。「確定申告」が「確定深刻」になってしまう(うまいっ!)。

現在、溜まった領収証の整理や経費の計算をしながら喘ぎ悶えているのである。


ということで、放置したままのこのブログでも毎日立ち寄ってくれる方々に申し訳ないと思いつつも今は通常更新する余裕もないのでこのような内容でお茶を濁してしまった。


来週の月曜日にはまた大阪へ旅のつづきに出るので本格的な更新まで今しばらくお待ち頂きたい。


関係ないけど・・・
バンクーバーオリンピックって終わってたのね。。。
日本は金メダルとれたんかな?

まったく観てなかった。
まぁ、いいけど。

放置新聞

2010年03月15日 13:40

毎度訪れて頂いてる読者のみなさん、

放置ごめんなさい。

じつは現在旅に出ており暫く更新ができんのです。

携帯からできないわけではないが「今どこ、今日は何した」っぽい薄っぺらな内容になったり、編集の際、校正や字面も不細工なものになったりするので敢えて控えとります。

いつも楽しみに覗いて頂く方には申し訳ないですが御了承の程を。

てなわけで、まだまだ旅はつづくのだ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。