--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師匠の靴が思い出せない

2010年04月19日 11:55

80年代の初頭、まだ大学生だったころの話。

ある日、一本の電話がかかってきた。バンドをやっていた俺がいつもお世話になっている音響屋からだった。
「演芸会のPAのバイトがあるけど手伝ってくれないか?」
その頃、ライブのPAは興味もあってよく手伝っていたが演芸の音響なんてマイク一本立てただけで、これといってオペレーションの技術的な面白みもないし。(じつは漫才や落語などの喋りのPAはごまかしが利かないので経験と知識が必要)、だいいち素人演芸会なんて退屈なだけで「なんだかなぁ~」って思ったが、とりあえずどのような内容なのか尋ねてみた。

「ああ、落語、桂枝雀の独演会だよ」
「えっ!やっ、やります、やります! お願いします!!」

てっきり地元の素人演芸会だろうから何か理由をつけて断ろうかと思っていたが、その一言でバイトの条件も訊かずに引き受けた。というよりタダ働きでも引き受けていただろう。

ニ代目 桂枝雀。 

桂米朝をして「二度と現れることのない天才」と言わしめた。俺の大好きな落語家。

幼少のころから「てなもんや三度笠」「吉本新喜劇」で育った俺はかなりのお笑い好き。それも上方漫才・落語が大好きだ。小学校時代は当時いわゆる“半ドン”授業が終わると(放映開始時間に間に合うため)ダッシュで家に帰って新喜劇を観ていた。俺の中ではビートルズやストーンズと同じくらい花紀京や岡八郎はヒーローであり、怒鳴り散らかす前のキレイな山田スミ子は憧れだった。

そんな俺が桂枝雀師匠を知ったのは高校時代にたまたま観ていたTV寄席だった。彼の落語は衝撃を持って俺の中に飛び込んできた。そして腹を抱えて笑った。それまで好きだった米朝や仁鶴らとはまったく笑いのギミックが異なっていた。江戸落語もそうだがストーリーテラー的表現の中に笑いのテクニックを詰め込むのが一般的と思っていた俺にとって枝雀師匠の落語はまるで一大スペクタクルであった。が、一方で何故だかほっこりした気分にもなる不思議な落語だった。以来、桂枝雀の大ファンになり多くのネタをで聴きあさっていった。


というわけでいよいよ当日、大好きな桂枝雀師匠の独演会が催される会場にやってきた。この日の音響はオペさんと俺の二人だけであった。さっそく機材の搬入から始めた。落語のPAとは云え500人規模の会場だったので機材の量もそれなりだ。オペさんが卓まわりを作り、俺はフロアSPとステージ周辺それにケーブルの引き回しの作業を始めた。

仕込み中にオペさんが俺に言った。「おい、俺たちは仕事で来てんだから客と一緒に笑ってんじゃねーぞ!何かトラブルがあったらすぐに動けるように俺の横に貼りついてろ、いいな!」と。どうやら俺が大の枝雀好きということを誰かに聞いたらしい。

一応「わかりました」とは返事をしたものの内心は『始まってしまえばこっちのもんだよ』と大きな期待をしていた。
そんなやり取りをやっていたころホールの関係者が枝雀師匠がホール入りされたことを伝えた。サウンドチェックや出囃子の打ち合わせなどをやらなければならないのでセッティングを急ぐ。てか、俺はその時『憧れの枝雀師匠に会える』という気持ちで一気に舞い上がっていたが、オペさんにそのことを悟られないように俯いてケーブルを引き回していた。

暫くして

「お疲れ様です」と、ケーブルを敷く俺の後で声がした。誰かな?と思って振り返ると、なんとそこには枝雀師匠が立っていた。しかもアルバイトの分際である俺に向かって深々と一礼をして「今日はよろしくお願いします」と、あの笑顔で云われたのだ。

あまりに突然のことであったのと、すぐ目の前に憧れの人がいて、しかもその人が俺自身に向かって話しかけているという事実が一瞬飲み込めなかった。緊張とは明らかに違う極度の興奮状態だったのかも知れない。その時、師匠の挨拶に俺がどう応えたのか、その後師匠がどのくらいその場にいたのか、どうやって楽屋まで戻っていったのか、まったく思い出せないのだけど、不思議なことに師匠が着ていた服は鮮明に覚えている。

淡いピンクのボタンダウンシャツに白いアーガイルチェックのカーディガン、ネクタイはなし。ボトムはベージュのチノパンというスタイルだった。そのアイビーファッションが神戸大学(中退)に入るほどインテリだった師匠にとても似合ってた。

これだけ服については覚えているのに、なぜかその時師匠が履いていた靴だけが思い出せない。何度も思い出そうとしてもまったく出てこない。考えられるのはやっぱりローファーだろうか?いやデッキシューズだったかも知れない。ひょっとして一旦楽屋に寄って来たとしたらスリッパ履きだったということもあり得るかな。

たぶんもう思い出すことはないだろう。


その日、桂枝雀独演会は大入りだった。

オペさんに「仕事中は笑うな」と言われたが、一番笑ってたのはオペさんだった。



この日、俺が観たのは落語史上初のカーテンコールが巻き起こった伝説の「東京歌舞伎座初独演会」を行った頃の桂枝雀師匠で、それは噺家として最も油の乗った時期だった。


そんな桂枝雀という天才落語家が突然この世を去ったのは、今から11年前の今日4月19日だった。





【宿替え】 桂枝雀

その日、トリの演目がこの「宿替え」だった。ネタとしてはスタンダードで江戸・上方ともに取り上げられているが、枝雀師匠は独自の世界観でアレンジしており他の噺家の「宿替え」とはの一線を画すほど枝雀ワールドが息づいている。ファンの中でも人気も高い演目。

ちょっと長いけど・・・

平成5年『NHK上方落語の会』であるこの動画、実はファンの中ではかなり有名である。というのもこの演目を演じていてストーリー前半の重要な部分をうっかり飛ばしてしまい物語が展開できなくなった。困った枝雀がどこをどう間違ったのかアドリブで演じながら解説を入れるのだが、これが絶妙で話を崩すことなく逆にそれが客の爆笑を誘い今では枝雀のベストパフォーマンスのひとつになっている。






スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。