FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オールスターを履こう

2010年03月01日 02:52

まるで雑誌『2nd』の第2特集にありそうなタイトルだなw

ここんとこ珍しく仕事に忙殺されっぱなしで洗濯もままならない状態だったが、ようやくそれも開放された日曜日の昨日はじつにいい天気で絶好の洗濯日和だった。

気合を入れて俺にしては早朝過ぎる朝9時半に起き、まず衣類の洗濯から始めた。
洗濯機のスタートボタンを押した俺は、以前から『そろそろ洗わないとなぁ』と思っていたコンバース・オールスターを2足つかむと自宅に程近いコインランドリーへ行きシューズ用の洗濯機に放り込んだ。

ox2
【CONVERSE x John Varvatos“ALL STAR VINTAGE SLIPON OX”】
コンバース オールスター ヴィンテージスリッポン

コンバース・オールスターOXのスリッポンタイプは現在アメリカ向けラインしか生産がなく、したがって国内ではインポートでの扱いになる。このモデルはコンバースとアメリカ人デザイナーのジョン・バルベイトスとのコラボレーションでいわゆる限定ものだ。ただシーズン毎にニューモデルやニューカラーが出ているので正確には上位モデルとしての位置づけか。というか今どき定価ベースで一万円を超えるオールスターというのも如何なものか?と思ったりもするのだが、これが完売がするからこの世界はわからない。ま、2足も買った俺が言うのもなんだけれども。(2足目はセールで半額だったんだYO!)

このオールスタースリッポン、セカンドラインというかレギュラー企画であれば6000円程度で買える。次からは俺もこっちでいいや。

スリッポンはとにかく履きやすく脱ぎやすい。紐がないから当たり前のことだけど、日頃からニューバランス(スニーカーの履脱の都度紐を緩めるのはスニーカーヲタの基本)やブーツを履いてるから、なおのこと快適に思えるのだ。そう言えば俺がスリッポンを履いてるとそれを見た人が「それってお洒落で紐はずしてんの?脱げないの?」ってよく訊いてくる。それで俺も丁寧に説明してあげると「あぁ、スリッパと同じね」だと。ちが~うっ!最近は「脱げないの?」って訊かれたらひとこと「脱げんっ!」と言っている。



じつは俺、今でもかなりのオールスターフェチなのだ。1974年からの付き合いだからこれこれ35年以上になるのか。やっぱりオールスターはリーバイスと並んでファッション、特にアメカジ(当時はアメカジっていう概念はなかったが)に親しむきっかけになったアイテムなのだ。俺のファッションにとって“マスターティーチャー”のような存在でありファッションの実家みたいなものなのだ。

まぁ、それほど思い入れの強いオールスターなんだが、一般的にコンバースほど誰でも知ってるブランドはないと思うと同時に、ほとんど知られてないのもこのコンバースではないだろうか。この2行の意味を語りだすと3夜連続になってしまいそうなので、後々小出しにしながら語っていきたいと思っている。

ただひとつ!コンバースというブランドについて誤解を恐れずに言わせてもらうなら『チャックテイラーこそがオリジナルだ!』ということなのだ。・・・・ほら、今何人かがポカーンとしたはずだ、まぁいいよ。わかる人だけにわかってもらえば。

で、話をスリッポンに戻すが、この2足は同じオールスターOX限定モデルでも仕様が違う。
オフホワイト(ナチュラル)の方はカップインソールになっている。さらにヒールパッチ・・・

ox1

俺のようなオールスターフェチにとってヒールパッチがどれだけ特別なものなのか、たぶん分かってはもらえるまい。左のダークネイビーのヒールパッチは誰もが知ってる現行のパッチ(1976~)である。もちろん2001年中期から“MADE IN USA”の文字は無い。

それに対して右のナチュラルのヒールパッチは星ひとーつ!堺正章ではないがコンバースにも星ひとつ、みっつ、星なしとある。上の画像でマニアの人ならひと目でこのヒールパッチが70年代前半のチャックテイラーのデザインだとわかる。さらにフェチになるとこれがオールスターではなくてコンバース・コーチのものであることがピンボケであるにもかかわらずわかってしまう。

あえてオールスターのチャックテイラーではなくコーチのパッチをデザインとしてあしらってバリエーションをつけるあたり、このジョン・バルベイトスってすごくセンスいいというか、遊び心がるというか、知ってるなっ!って思うんだよね。

ちなみにこの靴が一番かっこいいところ・・・

ox3
アウトソールのロゴ。クリアソールになっている。オールスターってのは今でこそ登録商標だけど元はソールの種類のひとつだったのだ。履く度に擦れて見えにくくなってるけど、これほど他人に足の裏を見せて歩きたい靴もないよな。


例えば本物のチャックテイラーもデニムのヴィンテージに比べたらまだ安い方だと思うが、それでも60~70年代ゴールデンザイズのデッドストックだと10万円近くする。比較的長期間着れる服に比べるとスニーカー、中でもこのコンバースは新品を下ろしても持って1~2年、早いと半年でソールに穴があく。チャックテイラーに関しては履くのではなくてコレクターズアイテムの要素が強い。とても本物を手にすることはできそうもない俺は、こういうスリッポンみたいにパロディとしてチャックテイラーを楽しむのが精一杯だな。

日頃ニューバランスを履くようになってしまった今、オールスターを履くとローテクならではのスパルタンさを味わうことになり、一日出ずっぱりの時は非常に苦に思うこともあるけれど、でも、どうしても『この服にはオールスターじゃないとっ!』ってのもあるんだよね。同じキャンバス地でローテクなスニーカーでもジャックパーセルではちょっと違う、スプリングコートやスペルガでもない。やっぱりオールスターでなければっていうシーンが俺にはあるんだよ。


40年近くの年月を一緒に過ごして来たオールスターこそ、まさに俺の心の居場所のひとつなのかも知れない。


とりあえず、洗ったことだし暖かくもなってくるし素足にオールスターもいいかなと思っている。

スポンサーサイト

モ~、カンベンシレクラサイヨォ~・・・

2010年01月29日 03:21

「なにそれ?」

「何の意味があるの?」

「何をそれで表現しようとしてるの?ねぇ、あなた方?」

・・・・とペリーのように叫びたくなってしまう今日この頃、イカが食べたいですか?


まぁ、毎度まいどUK生産にはギョッとさせられる。

今回はスウェーデンのSNS別注で光の三原色である"RGB"をモチーフにした世界462足限定だってよ。
国内では例の2店舗限定での販売。

Blue
1700
【new balance:M1700UK "made in ENGLAND"】

Green
1500
【new balance:M1500UK "made in ENGLAND"】

Red
577
【new balance:M577UK "made in ENGLAND"】


ヤバイ。。。

577が俺のど真ん中じゃねーかよ。

1500はフォークがすっぽ抜けて落ちずにきてるし。

1700はスライダーが甘く入ってきた。

振ればどれもホームランだっちゅーの!



まじ、勘弁して下さい。

トリプルコラボの圧力

2009年11月22日 18:19

                       15001001.jpg


2nd読んでたら見たくねーもん見てしまった。

【OSHMAN'S×mita sneakers×new balance CM1001&CM1500】

CM1001はまるでトルコライスみたいだな。

個人的にはCM1500だな・・・買わねーけど。

でも安いな・・・買わねーけど。

欲しいな・・・買わねーけど。

人は色の前にひれ伏す

2009年11月16日 03:12

 【new balance M1300 AR2 "Alife Rivington Club "(Made in USA)】
 ニューバランス M1300 AR2 エーライフ リヴィントン クラブ 別注

                  



                   1300+alife3

やられた。

エメラルドグリーン

俺の中では想像もつかなかった色。

今年の夏ごろにWEBで見かけて以来ずっとお気に入りウォッチリストにはあった。

でもな、もう別注に手を出すのはよそう、きりがないし・・・

なんて思ってこれまでスルーし続けて来た。

しばらくは各ショップでマイサイズも残ってた。しかし10月ごろから一気にはけ始め

ついに俺のサイズ10(Dウィズ)があと1足。

「あぁ、なんだこの息苦しさは・・・」 

目眩がして意識が遠のいていく。

喉が渇いてジリジリと焼けつくような焦燥感の中・・・


俺はポチった。


思えばウォッチリストに入れた時点で俺の負けは決まっていたんだろう。


                    1300+alife1

『巷に溢れる不快なフットウェアの"解毒剤"を提供することにすべてを懸ける』と豪語するA.R.C。一歩間違えばあんたが不快だろ!と紙一重なコラボレーションの数々。とくに コレ なんか。
や、これはこれで俺にはど真ん中なんだけどね。

                    1300+alife2

この1300ARシリーズにはAR2の他AR1、AR3とラインナップされている。AR2と較べるとどちらもおとなしめだが、テーマカラーのエメラルドグリーンがいい感じでアクセントになっているのは、さすがA.R.C。シュータンにはストライプのオリジナルタグや目の粗いメッシュ部とディテールもきっちり決めてる。



まぁ、今になって思うんだけど


よくぞポチったぞ、俺!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。