--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヲタク心と秋の空…って、今は冬ですけど

2010年02月16日 00:17

なんというか、日本代表が韓国にあんな無様な負け方をしたらもうワールドカップについちゃ何の期待もなくなったし、バンクーバー冬季オリンピックも現在まで全く観ておらず、てかここ数日テレビの電源すら入れてないくらい外の世界に興味を失いつつあるんだよ。これってひょっとしたらマズイ傾向なんだろうか。でも本人は至って普通だし、ことさら思いつめることもないし、ウェブTVのGyaOで大学の先輩にあたる北条司の『キャッツアイ』を観ながら来生瞳のレオタード姿に萌えつつも熟女好みの俺は『やっぱり泪姉さんの方がいいな、少なくとも愛ちゃんはないな!』とか冷静に自己分析もできてるしな。

あ、そうそう先週ひとつだけテレビドラマの『相棒』を観たんだっけ。俺の知り合いが出てるんだよ。誰だか言うと俺のある履歴が絞られてくるし、ヤツに俺のような知り合いがいることが不利益になったらいけないので詳しくは言わないがね。ってか、自分で自分のことを不利益っていうなよ、薄利だが利益は出せるぞ、俺!

まぁ、そんなわけで今のところ外に関して興味のない俺にとっての関心事というのはやっぱりアレをどうしようかということと、今止め処なく湧いてくる曲をどうしようかということなんだよ。断っておくが“曲が溢れ出してくる”というのは才能に満ち溢れているということではないんですよこれが。本当の才能とはその溢れてきた曲をきちんと形にしてまとめ上げることができることを指すのであって、俺のはただ単に曲が漏れ出しているに過ぎないのである。

で、ひとまず曲のことは置いといてとりあえず“アレ”ですよ、あれ。『食い込みアスカ・ラングレー』

じつをゆーとね、って、そう真剣に聴く話でもないよ、俺のことだからw
本当はヱヴァンゲリヲン1/8エモーションシリーズの前にコレが欲しかったのさ・・・

           mio3 

                    mio1 mio2
【アルター社 「けいおん!:秋山澪 1/8」】

俺は澪が好きだ!

っていうか、某巨大掲示板で始めみんなは「みお、かわいいよみお」とか散々叫んでおきながらストーリー半ばからあずにゃんが登場するやいなや、ころっと手のひら返すようにあずにゃんに流れていって、終いには澪は性格悪いだの何だの言い出す始末・・・ホントにヲタクの心はよくわからん!


これはすごく良くできてると思うんだ。表情や動きを見るだけで『ふわふわ時間』が聴こえてきそうだろ。
さらにレフティのジャズベース3TS(通称エリザベス:唯命名)が非常に完成度が高くこのジェズベと“合わせ技一本”ということで即決買おうと思ったんだが、その時は(たぶん事前予約かなんかで)受付けてなかったんだ。が、この度、待望の再発となったわけだ。

さらに 第2弾が・・・平沢 唯              第3弾が・・・あずにゃん

yui_1   azusa_1

ね、いいっしょ、二人とも!この2体と澪は作者が違うのだがはちきれる躍動感はいずれも満足いくものだ。
唯のギブソン・チェリーサンバースト(ギー太)も色艶はもちろんブリッジ周りやノブやセレクトスイッチなどもしっかり作りこんでありそう。

さらにあずにゃんに至ってはフェンダー・ムスタング(むったん)を掴む左手がベンディング状態にあるのが萌えるじゃありませんか。しかも下方向に3弦8フレットあたりをベンドしてるからKeyは「B♭」か「E♭」かな?あずにゃんならジャズかブルース弾けるよな。ただこのムスタングのむったん、アニメではペグが樹脂からクロムに交換されているがこれは樹脂のままのようだ。

う~ん、こうやってみるとあずにゃんもかわいいかも。


てな感じで唯以降は発売はまだ先なんだが完全にヱヴァと被ってくるんだよな。すでに買うことにしてるフィギュアだけれどもこうなっては簡単に決められない状況になってしまった。どちらを選んでも次々にシリーズが発売を控えてるしな。

「けいおん!」はあずにゃんのあと、ひょっとしたら律やマユゲも出てくるんかな。そこまでいくならフライングVのさわこ先生も出して欲しいんだよな。

というわけで、ここへ来て思わぬ展開がバレンタインデーにチョコ零個の俺を待ち受けていたのだ。

スポンサーサイト

壮年の主張~フィギュアと私

2010年02月14日 03:01

『バレンタインデー』なんて俺には関係ない!と周囲に公言していながらこっそり取らぬ狸の皮算用をやっていたが、すぐにそれが無意味なことに気づき、しょうがないので先日買った「2nd」の3月号でも読むか!と思い、その前にコーヒーを入れてこようとキッチンに行ったはいいが、今夜はクリームシチューを作っていて食後に片付け忘れた具材や鍋や食器が散乱してたのでお湯を沸かすのを断念し、自宅から20mほど離れた自販機に暖かいジョージアでも買おうと出て行ったら誤って冷たいボタンを押してしまい、心の中で『なんだかなぁ~』って叫んでしまった今日この頃、いかがお過ごしですか?


昨夜、服ヲタ的心の師匠であり『男の部屋作り』コンサルタントwとしての顔を持つICKさんから有意義なアドバイスを戴いたのですっかり“食い込みアスカ・ラングレー”を購入する気になってる尻フェチな俺。

ところで俺とフィギュアの歴史はかなり古い。たぶん幼稚園のころだったか、当時放映されていた『ジャイアントロボ』の関節がジャバラで可動するフィギュアを買ってもらったのが最初だったと思う。今持ってれば20万円以上の価値だろう。以来、サンダーバード、ウルトラマン、ウルトラセブン、帰ってきたウルトラマン、仮面ライダー1号2号、V3、マジンガーZなど各シリーズの怪獣、怪人を含めいろいろコレクションしてきた。

今でこそフィギュアというと“萌え=ヲタク=キモい”という図式を思い浮かべる人が多いかと思うが、俺は“萌え系”も含めてフィギュアにはアートとしての美しさ、奥深さ、ロマンといったものを感じずにはおれない。実際にはできない愛しいものを手にとって眺めたり、机の上や部屋にオブジェとして並べたり、「大きなものが小さくなった」という本来ある純粋な楽しさも魅力のひとつだ。フィギュアではないがミニカーなんてその最たるものじゃないか。女の子の間でもバービー人形やリカちゃん人形というベストセラーフィギュアがあったのはご承知の通り。

またフィギュアは人物造形だけを言うのではない。例えば楽器、特にエレキギターなどは実在のメーカー仕様が忠実に再現され、それらを入れるハードケースまで作られているし、ミリタリー系では小火器、重火器はもちろん多くのシチュエーションで使われるアイテムが豊富だ。このように『道具』としてもフィギュアは成立している。


で話は戻るが、そんな俺の歴代のフィギュアの中で最も気に入っていたのが『GIジョー』である。アメリカからやって来た12インチで十数か所が可動するとんでもないマルチアクション・フィギュアだった。小学校1、2年生だったと思うが当時の小学生からみる価格としては非常に高価だった。当時一日のお小遣いが10円~20円が当たり前の時代に『GIジョー』は2000円近くした記憶がある。さらにシリーズにはGIジョーが乗るジープだとか軍服の着せ替えだとかオプションがあり、それらを揃えると当時の一般家庭の子供にとっては天文学的数字に思えた。したがって俺のようなレッドネックな家庭では買ってもらうことはほぼ望めず、近所の裕福な家庭の友人の家で一心不乱に遊んだものだ。

しかし、ある時奇跡が起こった。東京に住む叔父が福岡の片田舎の俺んちにやってきた時、俺にお土産にと持ってきたのが『GIジョー』だったのである。痺れたね。確か小学校5年生くらいだったかな。今でも俺は親戚の中でその叔父が一番好きだ。


というわけで興味のない人にとっては「たかがお人形さん」だろうけど、そんな思い出も含めて俺にとってフィギュアっていうのはノスタルジーであると同時にロマンでありイマジネーション(一部エロもw)を掻き立てるオモチャなのである。

尻フェチ

2010年02月11日 01:33

俺は尻フェチだ。
爆乳だろうが貧乳だろうが関係ない。
尻だ、尻。

ただ尻さえあればいい…というわけでもない。
尻~太腿~ふくらはぎ~くるぶしへの一連の流れを踏まえた上でアイコン的役割の尻が好きなのである。
正確に言うと『足を伴った尻フェチ』あるいは『尻のくっついた足フェチ』なのかも知れない。

なのでこういうのをみると真剣に悩んでしまうんだよ。


レイ1 レイ2
【フィギュア完成品 エモ-ションスタイル 1/8 綾波レイ:BANDAI】


アスカ1 アスカ2
【フィギュア完成品 エモ-ションスタイル 1/8 式波・アスカ・ラングレー:BANDAI】

なんつってもレイとアスカ・ラングレーだし。1/8だから存在感もあるし。
こっち系専門のヲタの皆さんが書いたレビューを読んでもかなりクォリティが高いということだし。

アスカの出来がかなりいいな。

う~ん、迷う。
まだマリ・イラストリアスも残ってるんだよな。

2体併せると春夏物のトップスが買えるし、ちょっと足せばニューバランスだって狙えるんだが・・・





まだ『天の声』は聞こえてこないのだが・・・

4打数4安打

2010年01月17日 04:13

1打席目


shikinami
「あんたバカぁ~」  

式波・アスカ・ラングレー




2打席目


ibuki
「ダメです」

伊吹マヤ




3打席目(ホームラン


ayanami
「ニンニクラーメン、チャーシュー抜きでお願いします」

綾波レイ




4打席目


makinami
「にゃ」

真希波・マリ・イラストリアス



2010年、俺の勘は冴えわたる!

一度もダブることなくGET!




残るは渚カヲル。

が、男に興味はないし。

+シークレットカラー1体。

そこまでマニアじゃないし。



打率10割のままベンチに下がるのだ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。