FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古着よき時代

2010年06月24日 04:17

ちょっと前の話になるが、いつもお世話になってるイタリアンバーのマスターKちゃんとその店の常連Hちゃんと3人で長崎県某市まで古着を探しに遠征してきた。

「某市」としたのはアクセス数が少ないこのブログとはいえ、不用意に良いポイントを荒らされたくないという服ヲタ的な考えによるものであるのであしからず・・・

他の地域の古着事情はわからないが、現在我々が住むこの福岡県内や九州の各地域の古着屋は我々のような変態アメカジマニアにとってはまさにパラダイスに近いものがあるのだ。

あまり詳しくは言えないが、例えばUSA製リーバイス501などであれば千円台、ヘタすると千円を切る値段で手に入ったりする。もちろんジャンク品などでなく色もかなり残ってたり、チェーンステッチだって完全な状態のものだったりするものがだ。

その他、我々マニアが「おっ!」と思うブランド(もちろんメイド・イン・USA)の服がオークション落札価格と比較すると10分の1程の値段で手に入ることもある。

今や古着業界もファストファッション系やDCブランドなどがメインストリームになっていることもあって、我々マニアの好むブランドやアイテムというのが軒並み安値がついているのはよくわかるのだが、あまり大きな声では言えないが、単純にその店の担当者(経営者)の古着における値付け能力の欠如によるとんでもない値段の商品が出回っているのだ。

ま、これ以上詳しい話はここではできないが、要するにそれは東京や大阪ではあまり考えられない、九州のような「いなか」だからこその現象なんだろう。

ちなみにそんな店のことを我々3人は『バカ野郎の店』と呼び、ニヤケそうになるのを堪えて今日も掘り出し物がないかと足繁く通うのである。


で、今回の長崎県某所のある古着屋。

ここは値段的には比較的妥当なところだが、そこはやはり地方なので掘り出し物もそこそこ安く手に入る。
というか、この店はデニムの豊富さがハンパないのだ。特にリーバイス、LEE、ラングラーの品揃えは群を抜いていてサイズもかなり選べる。まさにデニムフリークなら狂喜乱舞しそうな店である。もちろん国産デニムもそれなりに揃っている。


そんなことであるから、デニムも見て回って確かにかなり安くていい物があったが、とりあえず「これならデニムはいつでも買えるな」と思って、その日はデニム以外で掘り出し物を探すことにした。


まぁ、いろいろあるんだよな。この日はいい柄のアロハなどあればなぁと思って見て回っていたら・・・

なんと、こんなのを発見してしまった。


                 BIGMAC all in one 1

                       【JC Penny BIGMAC all in one】

ビッグマックのツナギ(グリーン:ヘリンボーン)

                             
             BIGMAC all in one 2


もちろん Made in USA.

         

         BIGMAC all in one 3  BIGMAC all in one 4  BIGMAC all in one 5

ヘビーウェイトな綿100%生地。メインシームもきっちりトリプルステッチ。トップと袖に付くボタンには『BIG MAC』の刻印。TALON社製ダブルジップ。ワークウェアの代表的素材であるヘリンボーン(杉綾織)。無骨なデザインと共にクラシカルな渋さを醸し出している。

60年代はスコービル、70年代はアイディール、これはTALONジップだから70年代後半~80年代ごろのものかな?単純にジップで年代が把握できるかどうかわからないけど。


このツナギ、もとはモスグリーンだったようだが色落ちが最高でシミやホツレがあっていい感じにクタっている。
まさかこの日、ツナギを買うとは思いも寄らなかったけど、こういうのも古着屋を訪ねる醍醐味かも知れないね。


ということで結局この店で買ったのはこれ1着だけだったのだが改めて古着屋の面白さを再発見した、そんな一日だった。

スポンサーサイト

師匠の靴が思い出せない

2010年04月19日 11:55

80年代の初頭、まだ大学生だったころの話。

ある日、一本の電話がかかってきた。バンドをやっていた俺がいつもお世話になっている音響屋からだった。
「演芸会のPAのバイトがあるけど手伝ってくれないか?」
その頃、ライブのPAは興味もあってよく手伝っていたが演芸の音響なんてマイク一本立てただけで、これといってオペレーションの技術的な面白みもないし。(じつは漫才や落語などの喋りのPAはごまかしが利かないので経験と知識が必要)、だいいち素人演芸会なんて退屈なだけで「なんだかなぁ~」って思ったが、とりあえずどのような内容なのか尋ねてみた。

「ああ、落語、桂枝雀の独演会だよ」
「えっ!やっ、やります、やります! お願いします!!」

てっきり地元の素人演芸会だろうから何か理由をつけて断ろうかと思っていたが、その一言でバイトの条件も訊かずに引き受けた。というよりタダ働きでも引き受けていただろう。

ニ代目 桂枝雀。 

桂米朝をして「二度と現れることのない天才」と言わしめた。俺の大好きな落語家。

幼少のころから「てなもんや三度笠」「吉本新喜劇」で育った俺はかなりのお笑い好き。それも上方漫才・落語が大好きだ。小学校時代は当時いわゆる“半ドン”授業が終わると(放映開始時間に間に合うため)ダッシュで家に帰って新喜劇を観ていた。俺の中ではビートルズやストーンズと同じくらい花紀京や岡八郎はヒーローであり、怒鳴り散らかす前のキレイな山田スミ子は憧れだった。

そんな俺が桂枝雀師匠を知ったのは高校時代にたまたま観ていたTV寄席だった。彼の落語は衝撃を持って俺の中に飛び込んできた。そして腹を抱えて笑った。それまで好きだった米朝や仁鶴らとはまったく笑いのギミックが異なっていた。江戸落語もそうだがストーリーテラー的表現の中に笑いのテクニックを詰め込むのが一般的と思っていた俺にとって枝雀師匠の落語はまるで一大スペクタクルであった。が、一方で何故だかほっこりした気分にもなる不思議な落語だった。以来、桂枝雀の大ファンになり多くのネタをで聴きあさっていった。


というわけでいよいよ当日、大好きな桂枝雀師匠の独演会が催される会場にやってきた。この日の音響はオペさんと俺の二人だけであった。さっそく機材の搬入から始めた。落語のPAとは云え500人規模の会場だったので機材の量もそれなりだ。オペさんが卓まわりを作り、俺はフロアSPとステージ周辺それにケーブルの引き回しの作業を始めた。

仕込み中にオペさんが俺に言った。「おい、俺たちは仕事で来てんだから客と一緒に笑ってんじゃねーぞ!何かトラブルがあったらすぐに動けるように俺の横に貼りついてろ、いいな!」と。どうやら俺が大の枝雀好きということを誰かに聞いたらしい。

一応「わかりました」とは返事をしたものの内心は『始まってしまえばこっちのもんだよ』と大きな期待をしていた。
そんなやり取りをやっていたころホールの関係者が枝雀師匠がホール入りされたことを伝えた。サウンドチェックや出囃子の打ち合わせなどをやらなければならないのでセッティングを急ぐ。てか、俺はその時『憧れの枝雀師匠に会える』という気持ちで一気に舞い上がっていたが、オペさんにそのことを悟られないように俯いてケーブルを引き回していた。

暫くして

「お疲れ様です」と、ケーブルを敷く俺の後で声がした。誰かな?と思って振り返ると、なんとそこには枝雀師匠が立っていた。しかもアルバイトの分際である俺に向かって深々と一礼をして「今日はよろしくお願いします」と、あの笑顔で云われたのだ。

あまりに突然のことであったのと、すぐ目の前に憧れの人がいて、しかもその人が俺自身に向かって話しかけているという事実が一瞬飲み込めなかった。緊張とは明らかに違う極度の興奮状態だったのかも知れない。その時、師匠の挨拶に俺がどう応えたのか、その後師匠がどのくらいその場にいたのか、どうやって楽屋まで戻っていったのか、まったく思い出せないのだけど、不思議なことに師匠が着ていた服は鮮明に覚えている。

淡いピンクのボタンダウンシャツに白いアーガイルチェックのカーディガン、ネクタイはなし。ボトムはベージュのチノパンというスタイルだった。そのアイビーファッションが神戸大学(中退)に入るほどインテリだった師匠にとても似合ってた。

これだけ服については覚えているのに、なぜかその時師匠が履いていた靴だけが思い出せない。何度も思い出そうとしてもまったく出てこない。考えられるのはやっぱりローファーだろうか?いやデッキシューズだったかも知れない。ひょっとして一旦楽屋に寄って来たとしたらスリッパ履きだったということもあり得るかな。

たぶんもう思い出すことはないだろう。


その日、桂枝雀独演会は大入りだった。

オペさんに「仕事中は笑うな」と言われたが、一番笑ってたのはオペさんだった。



この日、俺が観たのは落語史上初のカーテンコールが巻き起こった伝説の「東京歌舞伎座初独演会」を行った頃の桂枝雀師匠で、それは噺家として最も油の乗った時期だった。


そんな桂枝雀という天才落語家が突然この世を去ったのは、今から11年前の今日4月19日だった。





【宿替え】 桂枝雀

その日、トリの演目がこの「宿替え」だった。ネタとしてはスタンダードで江戸・上方ともに取り上げられているが、枝雀師匠は独自の世界観でアレンジしており他の噺家の「宿替え」とはの一線を画すほど枝雀ワールドが息づいている。ファンの中でも人気も高い演目。

ちょっと長いけど・・・

平成5年『NHK上方落語の会』であるこの動画、実はファンの中ではかなり有名である。というのもこの演目を演じていてストーリー前半の重要な部分をうっかり飛ばしてしまい物語が展開できなくなった。困った枝雀がどこをどう間違ったのかアドリブで演じながら解説を入れるのだが、これが絶妙で話を崩すことなく逆にそれが客の爆笑を誘い今では枝雀のベストパフォーマンスのひとつになっている。






いなせなパンツ

2010年03月12日 19:11

                     dickies1

【Dickies: C798 Regular Fit Five Pocket Stay Dark Jean】
ディッキーズ : ワークパンツ C798


あぁ、お天道様が高いうちからブログを書き始めると何か悪いことでもしているようだね。

さてさて、人呼んで(俺だけか!)“いなせなジージャン”リーバイスセカンド・レプリカを手に入れた俺が次に狙うのが“いなせなパンツ”だ。

まぁ、いなせなパンツといってもいろいろ思い浮かぶのだがミリタリーだと“いなせ”と呼ぶには少々子供っぽいし、かといってレザーパンツはやんちゃ過ぎだろう。てか、暑いし。

消去法でいくとやはりデニムあるいはワークパンツかな。ちょっと安直な考えだけど「シンプルこそいなせ」論を提唱する俺だけにチョイスとしてはこのあたりが妥当なところだろう。まぁ、デニムはいいとしてワークパンツもいろいろでヘタすると“いなせ”というより生活感が出てしまう場合もあるので気をつけたい。

そんなことを言いながら、すでに俺の中では明確な答えが出てるのだ。の、だ、けれど今回は敢えてそこには行かず『リーバイスセカンドといなせな旅』をゆっくり味わいたいと思っている。で、シリーズの第1回目が今回のディッキーズである。

ディッキーズ、定番の874あり、US版ローライズ873あり、日本企画やら細身やら、シルエットも色柄もすごくバリエーションがあって選ぶ側からすればそれ自体は大変うれしいことである。

で、いなせ・・・という視点でみれば定番の874ということになるのだが、これは学生時代に穿き倒しており今さら874もなんだかなぁって感じで気がつけば20年以上もディッキーズから離れていた。てか、「その他大勢」的な気がしないでもないし。じゃぁ873ではどうか?う~ん、やっぱりこの歳になるとディッキーズをバシッと履いて『これぞ、大人の着こなしぞ!』みたいな雰囲気を出したいしなぁ。で、あれこれみてたらこのc798という聞いたことない型番があるではないか!

              dickies4   dickies5

5ポケットで501的シルエット、けっこうレアなもの(流通的に)らしい。今日ショップに行ったらブラウンのマイサイズが残っていた。ホントはこれをみる前は“RED KAP”がいいなぁと思っていたのだが、両方を試着してみると(最初にREDKAP次にDickies)断然c798のシルエットが雰囲気があった。REDKAPも悪くないし、というよりかなり良かったのでできれば両方とも欲しかったんだけどね、ちょっと明日からいろいろ物入りなもので諦めた。

                         dickies2

                     う~ん、ヒップポケットの赤タグが“いなせ”

                         dickies3

                    トップボタンが“いなせ”(天地逆についてるけどw)


c798のシルエットならやっぱりワークブーツで決めるのがいいな。

174cm-67kgの俺でW32/L30で申し分ないほどジャスト。レングスがジャストなのはカットでシルエットが崩れないからいいよね。長ければ裾をダブルにするのもありだけど、俺がディッキーズに対するイメージってスキンヘッドでタトゥーを入れた大男だから、そんな奴らは裾を折り返したりしないよな。

ということで第1回『リーバイスセカンドといなせな旅』。

まぁ、ぶっちゃけ云うとジージャンにディッキーズなんて誰でもやる合わせ方なんだけど、ただそこにあったから着たのか!それとも心底“いなせ”と感じて着たのか!ではその人の醸し出す雰囲気はまったく違ってくる。いなせ心のパワーとは髪の毛からつま先まで、さらにその人の一挙手一投足において、これが“いなせ”だというオーラを溢れさすのだ。

決してこじつけの理論ではない!・・・かも知れない。

いなせなジージャン

2010年03月05日 02:15

                     507xx1
【Levi's 507XX(70507-XX17) セカンド(1953年モデル):日本製】

別に『2nd』4月号の特集記事を読んだ影響ではないw

まぁ、これこそタイミングだろうね。

先日のブログでオールスターの話をしたけど「どうしてもオールスターじゃないと!」っていうシーンね、あれね、最近よく思っていることなんだけど、これからの季節、どのように服を着回していこうかと考えた時、冬のアメカジファッションと同じ流れのまま春夏に入るのは今ひとつ面白くない、というかマンネリ、というか捻りがないというかね。

そこであれこれ考えて辿り着いたのが「いなせ」というテーマだったんだよ。

「いなせ」とは江戸時代、日本橋魚河岸の若い衆の間で流行っていた髪形“鯔背銀杏(いなせいちよう)”に由来してるらしく「粋」とはまた一味違う『男っぽさ、さっぱりとした、威勢のよさ』というような男の骨っぽさみたいな佇まいを表現しているのだ。

と言うことなんだが、さて「いなせ」ねぇ・・・と考えた時、やっぱりシンプルにまとめるべきであろうと思うよね。
服好きの間でよく言われる“引き算のファッション”である。で、「シンプル=原点に戻る」と解釈し出した結論がデニムだったわけだ。

そんなことを考えてたある日、暇つぶしのつもりで自宅のすぐ近くにある大手質屋の古着コーナーを見てたら、上の画像のセカンドが吊るされてた。画像では光の具合で濃淡が出ているが実物は色落ちはもちろんヒゲやアタリもほとんどない新品に近い状態。マイサイズの40、値段12800円(新品売価23100円)。今までなら即買いなのだが最近は俺も少しは大人になったのかちょっと冷却期間を設けることにした。まぁ、売れたら売れた時だなと思いながら。

もともとリアルヴィンテージにはそれほど執着はないんだがセカンドだけはずっと本物が欲しいと思ってた。ヴィンテージデニムも以前よりかなり値崩れしてるとは言え「そうか、じゃぁ」って買える値段でもない。なのでこの日本製復刻モデルも実は一部で有名な「欲しいものリスト(笑)」の15位前後に長いことランクインしていたんだよw

先日、ロックスパンツを買いに行った帰りのバスの中「このパンツにデニムジャケット合うなぁ」なんて考え始めて「でも今持ってるサードじゃないよな、もっとわんぱくな感じで…おっ!」

いなせだ、いなせ! やっぱセカンドだよな! レプリカでもいいや!

バス停から自宅までの途中にその店はある。店頭からセカンドが吊るされてある一番奥の古着スペースまで、まるで歩数を測ってるかのような足取りで突き進んでいった。ハンガーから復刻セカンドを剥ぎ取り値札を再度確認した。

10800円。値下げされていた。ニヤケた。

まぁ、ことさら安くはないが高くもない。状態を考慮した上でオークションで手数料・送料込みの値段で考えたら安いのかも知れないな。みたいなことを考えながらレジに向かった。端数の800円を負けてもらったw


「ファースト」も男っぽいとは思うが、あくまでワーカーのためのジャケットであり「いなせ」な雰囲気が漂うほどファッション性は感じられない(それがファーストの魅力なのだが)。「サード」は逆に洗練され上品すぎる。ファーストの無骨さを引き継ぎながらファッションとして取り入れられるべくお洒落エッセンスを散りばめたこのセカンドこそ“いなせなジージャン”なのである。

                507xx2  507xx5
初期モデル仕様のギャランティ付き革パッチ。紙パッチでもよかったんだけどね。
品質表示タグのナンバーを確認すると2002年製。コーンミルズデニム。

                507xx3  507xx4
片面レッドタブ“ビッグE”。アメリカ製復刻はRマークがついていたけど日本製はなし。画像はないが510ボタンの刻印の仕上げが細かい。まぁそれが良いのか悪いのかは分からんが。あとはポケット口が“かんぬき止め”じゃなくステッチのみ。(ここはもっとこだわってよかったんじゃ?)しかし、赤耳はいつ見ても萌えますな。


現在、外出する時はもちろん毎日の部屋着として、さらに寝巻きとして着るほどセカンドを着倒している。


一刻も早くいい感じになってくれ。


さてと、次は「いなせなボトムス」だな・・・


なんと申しますか、「やった!」という感じです。

2010年03月03日 04:05

                      
                     rokx1

先日語っていた『ちょいとコンビニに行ける部屋履き』ということで結局ロックスのクライミングパンツを購入した。

今回は「クライミングパンツ=グラミチ」というキメ打ちはやめてファッション的視野を広げるための選択でもあった。

というか、単純に“Rokx(ロックス)”という言葉の響きとロゴがカッコよかったから・・・というだけのことかも知れない。いや、モノを選ぶ時そういう感覚って意外と重要なんだよ。買い物をするからにはテンションが上がったほうがいいしね。

で、このロックスパンツ。本来はロッククライマーのためのパンツなのでブランド名も“Rocks”でもよかったと思うんだが、敢えて“Rokx”というスペルを使ってるのがコ洒落ていいではないか(商標登録上何か理由があったのかも知れないが)。また“ロックス”というと俺たちの年代で洋楽好きなら1976年に発売され今でも彼らの最高傑作と評されるエアロスミスのアルバム『ROCKS』を思い浮かべる人も多いのでないか。まったく購入には関係ないけどカッコよかったw

                      rokx2


そんなたわい無い理由で選んだロックスパンツだが、まぁね、タイトルどおり思わずガッツポーズするほど気に入ってしまったんだよ。サイズ的に普通ならMかなと思ったので試着してみると意外と余裕があり、これならSもいけるんじゃ?と履いてみたら、アラなんと、抜群のシルエットになるではありませんか!太腿から絞り込まれた裾に向かってピッタリと最高のラインができるのだ。股上はかなり浅めなんだが見た目ほど窮屈ではなく、ケツ周りそしてポコチン周りともゆったりと感じる。

スウェットパンツがそうであるように、この“ポコチン周りのゆったり感”というのが部屋履きの場合リラックスできるかどうか非常に重要なポイントだ。決してデニムでは味わえない感覚である。ダイヤモンドガゼットの180度開脚性能による部分も大きいのだろう。ま、俺はその性能の50%ほどしか使えないが・・・。

ということで、部屋履き+コンビニ用のつもりで買ったロックスパンツだけれども、このシルエットならチョイトどころか街着としても十分に使えるアイテムであることがわかった。

値段も手ごろだし、夏場はショーツも挟みつつ3シーズン使えるので、早くも色ち買いを目論んでいる今日この頃である。


AEROSMITH 『Sick as a dog』
俺もこの4枚目のアルバム“ロックス”か次の“ドロー・ザ・ライン”が最高だと思ってる。曲はロックスの中でも俺のお気に入りである『シック・アズ・ア・ドッグ』。エアロがやるこういうルーズなロックンロールは本当にカッコいいよな。(画質悪くてスマソ)

            





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。